【PJCS2018使用構築】頑固一徹テテフグロス【WCS2018】

メテオールです。此度はPJCS2018に参加しベスト16に入ることができました!(世界大会Day1権利獲得)
フォロワーの皆様からもあたたかい応援の言葉も頂いて本当にありがとうございました!この場を借りて感謝の意を申し上げます。

ここから本題の構築記事に入ります。





c0271674_09494691.jpg


バンギラス@バンギラスナイト
いわなだれ/ダメおし/ほのおのパンチ/まもる

性格:いじっぱり
特性:すなおこし
努力値:140-116-0-0-0-252
実数値:193-185-130-×-120-113
メガ時:193-218-170-×-140-123

調整先(HP以外メガで計算)
HP:ムクホークのいのちがけ耐え
B:威嚇込みA222ラグラージのたきのぼり2耐え
D:砂下C161カプ・レヒレのミズZ(ハイドロポンプ)耐え
S:準速70族+1

もはやお馴染みになった?グロス軸の第2メガ枠です。今回この枠にガオガエンを入れなかったのは、リザYや雨の増加を鑑みた結果でした。前回のオールド・テテフグロスから一切変更を加えていません。絶妙な耐久で様々な攻撃を耐えてくれました。


ランドロス(れいじゅう)@こだわりスカーフ
だいちのちから/ばかぢから/めざめるパワー/とんぼがえり

性格:うっかりや
特性:いかく
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値:165-165-110-172-90-143

こちらも一切変更を加えていません。ばかぢからはほとんど打つ機会はありませんでしたが、唯一の全戦選出ポケモンであり素晴らしい活躍をしてくれました。
バンドリは見なかったもののガルーラやカミツルギ、ボーマンダを結構見たのでおっとりにしなかったのは正解でした。

カプ・テテフ@エスパーZ
サイコキネシス/マジカルシャイン/ちょうはつ/まもる

性格:おくびょう
特性:サイコメイカー
努力値:52-0-4-188-12-252
実数値:152-×-96-174-137-161

調整先
B
A183ガオガエンのフレアドライブ93.7%耐え
C
フィールドありエスパーZで177-150カプ・レヒレを81.3%で1発
同条件エスパーZで175-150カプ・レヒレを87.5%で1発
D:C179ウツロイド・アーゴヨンのヘドロばくだん75%耐え
S:最速

変更を加えた点その1です。今回は少し耐久を上げたい+ルンパッパもチョッキルンパッパより水Zルンパッパの方が多いのではないかと考えていたところ、同じテテフグロス使いののぶ氏が公開したテテフグロスZWEI(ツヴァイ)に載っていたカプ・テテフの調整を見て「これだ!」と思い調整を変更しました。
ボーマンダの攻撃を1発ギリで耐えたりガオガエンに強気に動けたりしたので変更は正解でした。威嚇を入れたらハイパーダーククラッシャーもケアできるので対ガオガエンへの意識と立ち回りに従来の調整より余裕ができるのも良かったです。

メタグロス@メタグロスナイト
アイアンヘッド/しねんのずつき/じだんだ/まもる

性格:ようき
特性:クリアボディ→かたいツメ
努力値:108-140-4-0-4-252
実数値:169-173-151-×-111-134
メガ時:169-183-171-×-131-178

調整先(HP以外メガで計算)
A
196-110ランドロスをアイアンヘッドで確2
B:A183ガオガエンのフレアドライブ87.5%耐え
(=威嚇込みハイパーダーククラッシャー)
D:C205メガカメックスのあくのはどう耐え
S:最速

メガ枠で、変更を加えた点その2です。いつもはC194サザンドラのあくのはどう耐えでしたが、もう見ないサザンドラより結果を出しているカメックスの方をより意識+ガオガエンを意識して最速を維持しつつ攻撃を最低限確保し耐久を引き上げました。
カメックスには当たらなかったものの、本戦にカメックスが居たのを確認した+サザンドラは見なかった+ガオガエンは相変わらず多いと変更したのは間違いありませんでした。
サンダーグロスミラーでこちらのメタグロスがねっぷう+じだんだの集中をHP1で耐えたのも良かったです。

サンダー@マゴのみ
10まんボルト/ねっぷう/おいかぜ/はねやすめ

性格:おくびょう
特性:プレッシャー
努力値:244-0-4-4-212-44
実数値:196-×-106-146-137-138

調整先
HP:ムクホークのいのちがけ耐え+カプZ意識4n
D
フィールドなしカプ・コケコ眼鏡10万2耐え
C222メガゲンガーのうそなき+ヘドロばくだん耐え
S:準速85族抜き

唯一のS操作枠で変更点その3です。オールド・テテフグロスで言った通り物理耐久を下げ、メタグロスのれいとうパンチでフィラ系の発動率を少しでも上昇させるため+ジャラランガの性格判別+少しでもサンダーミラーで先制する可能性を上げるために防御を下げ素早さを引き上げました。
今回はこの変更が仇になることも役に立つこともありませんでしたが、変更自体は正解であったと思います。

トリトドン
ねっとう/だいちのちから/クリアスモッグ/まもる

性格:れいせい
特性:よびみず
努力値:164-0-132-108-100-0
実数値:207-×-105-138-115-39

調整先
B:A216ランドロスのダブルダメ地震確3
D:C222ギルガルドのゴーストZ耐え(=メガゲンガー、ギルガルドのシャドボ確3)
S:最遅(ドサイドン-1)

一切変更はありません。ねっとうの枠は最後までれいとうビームとどっちにするか悩みましたが、メタグロス軸に強いメガバクーダに当たったときの対策とクレセリアのれいとうビームによる凍結ケアのためそのままにしました。
オニシズクモを2回見たのもあってトリトドンの枠をナットレイやモロバレルに変えなかったのは正解でした。ただカミツルギを予想より多く見た点はよくありませんでした。
カミツルギがここまでいるならショウダイ氏のショウダイスペシャルのようにガオガエンを採用するのも良かったかな、と思います。

【選出(前回と変更はほぼなし、僅かに追記)】
パターン1
先発:サンダー + ランドロス
後発:カプ・テテフ + 自由

基本的なスタイルです。自由枠は刺さってるポケモンを出していきましょう。

対象
ゲンガエン系統
ライボルトコントロール
ガルーラスタン
リザバナ
バンドリ


パターン2
先発:カプ・テテフ + ランドロス
後発:バンギラスorメタグロス + 自由

最初からおいかぜする必要がない、トリルを止めたい、あるいはテテフで圧力を加えたい時などです。

対象
リザバナ以外のリザY
スイッチトリル
ゴチルクチート(バンギラスがメタグロスになる場合あり)
アーゴヨン入りサナガエン


パターン3
先発:ランドロス + メタグロス
後発:カプ・テテフ + トリトドンorバンギラス

カプ・コケコやガオガエンを牽制しつつかつカプ・テテフを先発で出し辛いときなどにします。

対象
コケコグロス
サナガエン


パターン4
先発:バンギラス + カプ・テテフ
後発:ランドロス、サンダー、トリトドンから2匹

トリックルームの絡まない対雨への選出です。特にウォーグル入りには先発はほぼ固定です。

対象
大抵の雨系統



パターン5
先発:サンダー + メタグロス
後発:ランドロス + カプ・テテフorトリトドンorバンギラス

コケコグロス以外のグロスミラーへの選出です(他にも出せる)。カプ・テテフは対テテフグロス、トリトドンは対レヒレグロスです。

対象
テテフグロス
レヒレグロス
エルテラ
バンドリ(ミロカロスがいる場合)


パターン6
先発:サンダー + カプ・テテフ
後発:ランドロス + 自由

あまりする選出ではありません。パターン1の変形で相手に厄介な負けん気、勝ち気持ち、露骨にビビりだま持ってそうなポケモンがいるときの選出です。
ビビりだまを持ってそうなポケモンの代表としてはデンジュモク、ワルビアルなどだと思います。

対象
バシャキザン
あからさまにビビりだま持ってそうな奴がいる相手


パターン7
先発:カプ・テテフ + メタグロス
後発:バンギラス + トリトドン

こちらもあまりする選出ではありません。というよりほぼガードシェアラッキー専用選出です。
とはいえ、PJCSではツボラキ、メレラキのような構築には当たらなかったので今回は書く必要あるか悩みましたがラッキー系はレートでこそ輝く相手なのでこのパーティをレートで使う方がいたらラッキー系に当たったときに頭の片隅に置いておいてください。

対象
ラッキー系統構築ほぼ全て
(極稀)雨



【雑感】
初めての公式大会で1年近くテテフグロスを貫いてまさかベスト16で世界大会行きの権利を貰える+一番好きなポケモンであるメタグロスとこんなにいい結果を出せると考えていなかったので感激です!
欲を言えば8位以内に残ってスクリーンに自分の構築を載せたかったですが、そこはポケモンの力を引き出しきれなかったものと思っています。
50人以内に入ったとき色んな方にあたたかい言葉をかけてもらい本当に感謝しています。ポケモンをやめた方にまで応援を貰ったときは本当に嬉しかったです。
戦いもたぎるものばっかりでこの大会は素晴らしい思い出になりました。


それでは閲覧ありがとうございました!


[PR]
by DiMeteora | 2018-06-10 09:51


【JCS使用構築】オールド・テ... >>